税理士の転職や独立をサポートするなら経営承継

また昨今の税理士事務所の多角化に伴い
顧問先への関与形態が特異なために、他の事務所にお願いすることが難しい。
このような理由から、経営幹部となってくれる税理士を探している会計事務所もあります。
こんな方にお勧め!
転職を考えている勤務税理士の方
  • 会計事務所の経営に興味がある
  • 現在の会計事務所は大規模過ぎて、将来ポジションが上がっていくイメージがない
  • セクショナリズムがかたまっていて、業務が固定化している。スキルアップのイメージがない
  • もう少し、顧問先のことを考えた提案業務をしたいが、今の会計事務所は、工数を気にするため難しい
  • Iターン・Uターン転職を考えている

転職を考えている勤務税理士の方
  • 大都市圏で、独立を検討していたが、顧問報酬の価格破壊や企業総数の減少に伴い事務所の維持が難しいのではないかと将来不安を抱えている方
  • 折角税理士になったものの、難しい案件はなかなか受注できず、結果記帳代行の業務に追われている
  • 営業と申告の仕事等の両立に苦労している
  • 実家に帰らないといけない事情ができたが、独立してしまったのでどうしたらいいかわからない
税理士後継者候補ご登録フォームへ

こんな方にお勧め!

法人の歴史が短い

今まで個人事業としての会計事務所が、事業継続が一個人の意思だけに担保されない「法人」形態ができるように決まったのが、2001年の税理士法改正。
事業継続を法人形態にすることでできるようになった歴史が、他の業種と比べて短いため後継者育成や事業継続に対しての方法が業界全体として未完成である

経営者の平均年齢が高い

日本の経営者の平均年齢は58.9歳(2014年帝国データバンク調べ)と比較し、税理士の平均年齢は地方の税理士も含めると70歳に近いとも言われています。他業種の経営者が通常引退したいという年齢が税理士の平均年齢に近いとも言われています

やじるし
業界全体が、他の業界より「老い」が早く、事業継承の方法について未完成な業界 そのため!「事業継承が急務」なのです。
株式会社経営承継での実績
都心で働く税理士を地方の会計事務所の経営幹部へ
候補者様情報

都内生まれの都内育ち。一般企業で経理の仕事に従事した後、税理士に興味を持ち資格を取得した。
大手監査法人系の税理士法人に就職後、都内の税理士事務所を2社ほど経験したがご自身の税理士像とかけ離れた生活をしていることに気がつき転職を決意。
現状の会計事務所は、売上重視のためか、節税志向が強すぎる企業を多く関与し、ご自身の職業倫理として疑問を持つことが多い。また、顧客が経理をする気が全くなく、会計事務所をそれを指導する方針もないため、繁忙期に限らず、常に業務に追われることが多く、心身ともに疲弊していた。 あわせて、職員は売上の予算が強く、個人主義であり、相談に載ることも載ってもらうことも難しい環境であった。
もっと、一企業の成長をことを職員全員が考え、税務以外あらゆることも一緒に考え解決していく顧問スタイルができる会計事務所がないものかと思い転職活動を進めていたが入社するまでわかりにくい情報のため困っていた。

やじるし
弊社のコンサルティング

弊社コンサルタントにより、地方の会計事務所で、経営幹部候補探している税理士法人をご紹介した。
その税理士法人は

  • 創業者である代表税理士が、スタッフの育成に力を入れ、裁量権を大きく与えるマネジメント手法をしていた
  • 資格者でないスタッフのコンサルティング能力が高く、顧問先一社一社丁寧に関与していて、その顧問先のためになることを常に考え提案している
  • お客様増大により、支社を増やしたいが、地方のため、税理士がいなく支社の開設ができない状況であった
  • もう少し、顧問先のことを考えた業務をしたいが、今の会計事務所は、工数を気にするため難しい
  • 地元では一番大きな税理士法人で、代表税理士が地域の要職についているため、税理士法人全体としてコンプライアンスの強化を実施していた

A氏は、当初親戚も誰もいない土地に転職することを拒んだが、ご自身の理想に近い環境であると思い、面接だけでも受けてみようと応募。 一次面接で、大変相性のある土地であり、税理士法人であるのではないかと感じ、面接を進めて行き、内定、入社

やじるし
入社その後

引っ越しと転職を一気に行い、当初なれない土地ということもあり、不安と肉体的な疲れを感じていたが、半年間でそれは解消され、現在では入社3年を経て、精神的にも肉体的にも健全な生活を送っている。要職にも就いており、税理士法人の経営にも参画している。

現在以下のような案件にて募集中です
1 東京都 従業員10名規模 税理士法人
後継者候補 コンサルティングに定評
1 埼玉県 従業員7名 後継者候補 税理士法人
社会福祉法人とコンサルティングに特化
1 愛知県 従業員30名 大手税理士法人 後継者候補
社会福祉法人とコンサルティングに特化 地元密着総合事務所。次期代表候補
1 栃木県 従業員30名以上 大手税理士法人。次々世代後継者候補
地域最大級の事務所。税務からコンサルまで行う総合事務所
1 東京都下 10名以下 税理士事務所。NO.2の税理士募集
職員全員が若く、勢いがある会計事務所。業務拡大により
税理士募集。相続・事業承継コンサルに特化
1 長崎県 県下最大級の税理士法人。現場NO.2の税理士募集
日本でも指折りのコンサルティングに力を入れた事務所
やじるし
やじるし
やじるし
やじるし
やじるし
税理士後継者候補ご登録フォームへ

株式会社経営承継