人と組織の力で、創業者の夢を実現する。

親族外承継 後継者候補紹介

case1事例1

親族外承継 後継者候補紹介

経営承継の後継者紹介サービス

対象企業

ご子息・ご息女。親類縁者に企業を継いでくれる意思のある方がいない企業。ただ、古くからある企業で利益も出ているので、売却や廃業は考えたくない。

企業データ

甲信越地方。売上5億。従業員20名(パート含む)。旅館業。

状況

現社長は、2代目であり、創業50年の企業。ご子息が2人いるが、1人は医師に、もう一人は楽器の演奏家として海外で活躍している。ともに継ぐ予定はない。ただ老舗であり、一時低迷していた売り上げもインターネットの広告を出して回復していたので、続けていきたい。

結果

オリンピックに向け、外国人の方を迎えれるよう、旅館と大手ホテルの営業担当役員の経営経験者をご登用。旅館の立て直しと、若手の育成に力を注いでいる。
税理士・司法書士と連携し、経営と資産を分離し、ご子息は株主として、経営に参画している。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 経営承継 All Rights Reserved.